0
¥0

現在カート内に商品はございません。

トウ立ち遅く甘く柔らかい ごせき晩生小松菜

ごせきばんせいこまつな

Goseki Late Komatsuna / アブラナ科 Brassica rapa

小松菜発祥の地、江戸川区の後関種苗が、昭和25年より晩生小松菜の一系統から集団淘汰を続け固定。38年「ごせき晩生」と命名、市販した。

通常価格:
¥314税込
数量:
一袋あたり: 粒数 1,800粒以上  内容量 8ml
商品コード:0222
  
発送日目安:1〜3日後に発送
特徴

トウ立ち遅い晩抽系で多収性を目標に育成した晩抽性葉重型品種。葉は大きく、厚く、基部まで伸びる。他の晩生小松菜に比べ生育早く旺盛。食味が大変良く、甘く、柔らかい。

用途

おひたし、煮物、漬物、味噌汁や雑煮、ラーメンの具など、なんにでも重宝な東京を代表するナッパ。特に秋まきの露地栽培で寒さに合わせ糖分を貯えた時の味は他の追従を許さない。

蒔きどき

春、秋

採種地

イタリア

発芽検定月

2023年9月

発芽率

85%以上

種子加工

なし

種子消毒

なし

Product Details 商品詳細

収穫期

周年。特に端境期出荷で能力を発揮する。

発芽適温

15℃~20℃

播種法

タネが隠れる程度の深さにスジ蒔き。またはバラ蒔き。

覆土

普通 (通常タネの厚みの2、3倍)水気さえあれば生える。

生育適温

10℃~25℃

栽培法

一般の小松菜に準じて周年栽培可能。東京近郊ではトンネル利用による10月下旬まき3月上旬収穫。11月上中旬まき4月上旬収穫。2月上旬まき4月中旬収穫などの端境期収穫が完全容易にできる。夏まきでも葉身厚く、葉柄太くがっちり育つので、荷傷み少なく束数多く出荷できる。

採種法

菜の花を咲かせ、莢に実がいったら刈り取り、莢から種子を外し乾燥する。自家不和合性なので同品種を複数株用意することと、他のアブラナ科野菜との交雑に注意。

種子寿命

一般菜類に準じ常温で2~3年(やや長命の部類)

休眠

種子が完熟し乾燥した後は、休眠期は無い。

種子保存法

よく乾燥し、冷蔵庫など低温低湿度の場所に。

カートに追加しました。
カートへ進む